よよかんmemo * ごきげん暮らし
毎日ゆるっと暮らしています。配当でじぶん年金つくってます。
子育て

気持ちに寄り添う。気持ちと事実を分けること。子育てを通じて練習中。

こんにちは、よよかんです。
今日も読んでくださってありがとうございます(*´ω`)

最近?数年から?
忘れては思い出し、自分で意識して練習していることがあります。

  • 気持ちに寄り添うこと
  • 気持ちと事実を分けること

気持ちは寄り添う。気持ちと事実は分ける。

これ、説明するの難しいんですよね…。

簡単に言うとたとえばこんなこと。
「例:月曜日、仕事に行きたくない」

実際は、仕事は始めると楽しい時もあり、夢中になることもあります。

ただ、休み明けって気がのらない(;´∀`)
外に一歩出るのが億劫だったりします。一歩出れば足は進むんだけど。

(気持ち)休み明けゆっくりしたい・外に出かけたくない

(事実)仕事の日だから会社に行く

分けるとこうなんだけど、
混ざって「仕事行きたくない」という気分になってること、多いです。

これが続くと無意識に「仕事が嫌」というストレスになったりするんですよね。
自分で仕事を「イヤなこと」にしてるのです。

人間て不思議。

子どもは素直だから、練習させてもらえる

こどもが「幽霊や妖怪はほんとにいるの?」って聞いてきました。

「いつ、家に入ってくるか、出会ってしまうか考えたら怖い」

ぶるぶるしながら言ってました。

 

最初は私、気づかなかったんだけどこどもは本当に怖かったみたい。

私も昔怖がったことあったなーなんて思いながら「うーん、いないと思うけどなあ」なんて返事してました。

そしたら、うちの娘、
夜は怖がって一歩も離れないし、眠りも浅くて初めて4回も目を覚ましました。

この怖がり、本当に不安なんだ!

流石に夜4回も起こされて、やっと気づきました(;´∀`)

 

次の日も娘は寝不足も重なって、不安状態。
何度も確認するように「今日は幽霊こない?」って言ってくる。

客観的にみると自分で自分をどんどん不安にさせている…。

 

(;´∀`)<めっちゃ怖がりさんやったんやな…

ママが適当に答えてすまんかったわ…
ビックリしたと同時に反省しました。

 

次の日は一日中、聞かれるたびにこんな感じで答えました。

ママも妖怪と会ったら怖いなあ

でも幽霊や妖怪はいないんだ。
ママは40年会ったことないからね。
じいじとばあばも会ったことないから、会おうとしてもできないんだよ。

10回は言ったかな…

まだ不安そうだったけど、「いないの?いないのかぁ…」って数回頷いてくれて、
その日の夜は中途半端に起きることもなく、爆睡してくれました。

少しは効果があったかな?
そうだといいなあ。

 

子どもって素直に気持ちが出てくるから、
親の返事って大事なんだなあ…。

かわいいなーって思うけど、本人は必死なんだよね。

自分の子どもの頃を振り返ってみると、怖い時・楽しい時色々あれど
自分の気持ちに寄り添ってくれる人が好きだったです。

 

まあ残念ながらうちの親はそうではなかったので、
自分自身は小学生から、親に気持ちを言わない子どもになってしまったけれど(;´∀`)

気持ちを無視されるって分かってると、言う事自体をしなくなりますよね…。

 

気持ちを言わない子どもって、
親からしたら?????な気がするなあ。
親が気づく機会がない。反省も何もできない。

親も分からない・子供は貯めこんでいく…。

すれ違う未来しか見えない…何も良いことないな…(汗

 

うちの子は、まだ言ってくれるお年頃!!

いまのうちに沢山気持ちを聞いて、私自身も練習していこう!

 

そう反省した一件でした。

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
 ブログ村のランキングに参加しております。いつも応援クリックありがとうございます♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。